« 2014年2月 | トップページ

2014年3月

2014年3月10日 (月)

安静生活の記録

生まれつき背骨に変形があることは

健康診断でレントゲンを撮っていたのでわかっていたけれど

7歳半にして、とうとう痛みが出ました。

 

※今回はひたすら文字です。

 

■ 1月8日 水曜日

昼間いつもどおりこたつでのんびり過ごしていたブッチャーだったけど

夜ごはんを食べた後から様子がおかしい。

・ごはんが器に少し残っているのにそのままにした。

・おしりから後ろ足にかけて小刻みに震えがある。

・体を触られるのを嫌がる。

・少しすると、暑くもないのに舌を出してハァハァしだした。

 

喉が渇いたのかもと水を出しても飲まない。

そこでりんごを剥いてあげたけど、食べない。

ブッチャーが食べないなんて・・・

食べないなんて、絶対におかしい!! と確信。

 

少し様子を見ていると、ハァハァが落ち着いきた。

 

明日朝 病院へ行くことにする。

 

■ 1月9日 木曜日

朝起きてリビングへ下ろすと

トイレではなく、長座布団にオシッコをする。

やっぱりおかしい!!

痛みがあるのか、感覚がおかしいのか、何かを伝えたいのか。

 

・・・思い返すと

年末 ごはんの時 器に少し野菜を残したことがあった。

その時は、リビングの様子が気になって急いでいただけだと思った。

年始 長座布団にオシッコをして怒ったら震えていたことがあった。

だけどその時は、かまってもらえないから嫌がらせシッコをして

私に怒られて震えているんだと思った。

でもきっと、少しづつ症状が出ていたんだろう。

気づいてあげられなかった・・・

 

朝一で病院へ行く。

過去の健康診断の結果から

半側脊椎により炎症が起きているためだと考えられるが

内臓系からくることもあるため、念のため血液検査をして確認する。

検査の結果、血液には異常は見られないため

やはり背骨のどこかで炎症が起きている可能性が高い。

まずは炎症を抑えるため、非ステロイドの薬を5日分処方される。

[病院からの指示]

・薬をのんで2、3日しても症状が良くならない、または悪化した時は

5日またずに来院して下さい。

・ゲージに入って安静にしているのが一番いいが

それが無理なら、出来るだけ動かないように気を付けて下さい。

 

ゲージでの生活はブッチャーは無理なので

リビングを柵で仕切り、動ける範囲をせばめる。

 

念のため朝ごはん抜きで病院へ行ったので

ごはんを食べ薬を飲む。

その後はほとんど動くことなく

こたつの中に入ってじっとしている。

 

夜中、寝返りをうったKが軽くブッチャーに触れた瞬間

聞いたこともない声で叫ぶ。

あんな声をだすなんて、どんだけ痛いんだろう・・・

 

9日、10日とごはんを残して

困ったようにゲージの中のベッドに座り込む。

明らかにいつもと違う。

まだ痛みがあるんだろうな。

 

■ 1月11日 土曜日

9日、10日と薬をのんだが

震えが体全体に広がってきたため再度病院へ。

診察の結果、後ろ足の反応が少し鈍くなってきており

症状の悪化が見られるので

ステロイドの薬に変更。(1日2錠☓2日分)

 

■ 1月12日 日曜日

病院へ。

ステロイドの効果が見られ、悪化はしていないようだ。

震えも治まりつつある。

まだ安静が必要。

(1日2錠☓2日分)

 

■ 1月14日 火曜日

病院へ。

本人は痛みは治まったようで

動ける範囲が仕切られていることに不満な様子。

まだまだ安静が必要。

(1日1錠☓7日分)

 

■ 1月21日 火曜日

病院へ。

震えもなくなり、後ろ足の感覚も戻ってきている。

ウンチ・シッコする程度の少しだけならと散歩の許可がでる。

段差は抱っこで、走らずゆっくり歩く程度。

だたし、ここで気を抜かないように

家の中では引き続き安静生活。

(1日半錠☓7日分)

 

■ 1月26日 日曜日

病院へ。

症状は落ち着いている。

リビングの動ける範囲を徐々に広げてよし。

今回の薬の最後の3日分は一日置きにして

痛みが再発しないようなら、これで薬は終わり。

(1日半錠☓7日分)

 

 

薬を飲まない日も、痛みもなく症状もでず薬が終了。

とりあえず、一安心となりました。

ただし、半側脊椎であることには変わりないので

またいつ痛みがでてもおかしくはありません。

今回くらいのステロイドの使用なら

体に大きな影響はないとのことだったので

もしまた炎症をおこすことがあったなら

早めに気づいて早めの対応をしていかないとね。

そして

まずはできることからと

今更だけど、リビングにタイルカーペットを敷きました。

ソファやベッドへのジャンプも禁止。

ブッチャーが健康に暮らしていけるように気を付けなくちゃ。

 

DSC01282

ドキドキの安静生活を無事乗り越え

ブッチャー 元気もりもりです!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ